あの時知らずに済んだ使命 >

あの時知らずに済んだ使命

「オレンジジュース」は嫌い?好き?いろいろ意見があるかもだけど、あながち悪いもんじゃないよね、「強い風」は。そう思わない?
写真

雹が降った月曜の朝はゆっくりと

南九州の少しお歳の女の人は、いつも毎日、花を墓所にやっているから、なので、切り花が多く必要で、花農家も多い。
夜分に、原付で爆走していると、菊の栽培の明かりがすぐ夜分に、原付で爆走していると、菊の栽培の明かりがすぐ目にとびこむ。
建物の明かりはものすごく少ない地方なのだけれど、菊の為の光はしょっちゅう視野にはいってくる。
菊の栽培明かりはさいさい視野にはいってきても人通りはものすごくちょっとで街灯のライトもたいそうほんの少しで、危険なので、学生など、JRの駅まで迎えにきてもらっている子ばかりだ。

雲の無い火曜の早朝は足を伸ばして
夏らしいことを今年はしていないが、仲間とさ来週、コテージをかりてBBQを行う。
暑い時期の定番だけれど、日常から離れ、息抜きになる。
男手が少人数なので、めっちゃたくさん準備をしないといけない。
特に、バーベキューの準備が、女性だと苦手な人がまあまあいるので、頑張らないと。
しかし絶対に皆で焼酎を飲むからその時は、焼酎をがぶがぶ飲まない様に気をつけよう。

自信を持って踊るあの人と月夜

私は、肌が弱く、コスメは全く出来ないし、スキンケアも使用できない物が多い。
どうしようもないので、野菜やサプリメントのパワーに任せているが、ここ最近摂っているのがコラーゲンだ。
緑茶に溶かして、しばらく愛飲しているけれど、少しだけ肌が艶やかになった。
なんと、習慣にしてから実感するまで即効性があったので、感心した。

じめじめした祝日の午前はお菓子作り
近頃のネイルスタジオは、3Dアートなど、素晴らしく高い技術が駆使されているみたいだ。
気持ち程安くしてくれる招待状をいただいたので行ってみた。
思いっきり、色や雰囲気に対して、悩んでしまうので、デザインを伝えるのに時間を使った。
薬指だけちょっとアートをしていただいて、とてもテンションが高くなれた。

湿気の多い木曜の日没は昔を思い出す

出張に行くと、四日くらい泊まり込みのこともある。
その間、意欲は持っているけれど、常に気を張っているので、ほとんど眠れない。
起きる時間のかなり前にもかかわらず、眠いのに目が覚める習慣がある。
その代り、終わった時のやりきった感は気に入っている。
思う存分遊びまわるし、眠るし、しっかり食事をとる。

余裕で自転車をこぐあの子とぬるいビール
何でも一個の習い事でも習慣でも、長く続けているような人に尊敬する。
スキューバでも、ピアノだったり、とても小さいことでも。
ワンシーズンに一度、学生時代からの仲間と、あの温泉旅館に連泊する!というような事も良いと思う。
習慣的に一つを行うと最終的には実用までたどり着くことがある。
あれは、幼稚園のころにピアノと日本舞踊を教わっていたが、続けていればよかったな。
そんな風に思うのは、部屋のはしっこにに父にプレゼントされたピアノが置かれているから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、時間ができたらもう一度学びたいと考えている。

気分良くお喋りする君と壊れた自動販売機

テレビを眺めていたり繁華街に行くと綺麗だな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、一般的な美しさとは言えなくても、愛嬌があったりオーラがあったり。
それぞれの雰囲気は、本人の心の中かもしれない。
とても大きいと思う。
私が惹かれるのは歌手の西野カナさんだ。
Mステを見て初めて質疑応答を受けている姿を見た。
可愛い!と考えずにいられない。
ふっくらしたほっぺに、スタイルも良い感じ、淡い色が凄く合う印象。
話し方がほんわかしていて、方言もポイントが高い。
彼女の曲は割と聞くけれど、話している姿を見てもっと大好きになった。

ゆったりと叫ぶ彼女と気の抜けたコーラ
「嫌われ松の子一生」という題名の番組が放送されていましたが、見ていた方も多かったと思います。
わたしは、TBSは見なかったけれど、中谷美紀の主役で映画が放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが複雑な環境にいながらも、悲観的にはなりません。
周りから見ると、かわいそうかもしれないけれど明るい未来を想像しています。
幸せになることに関して、貪欲なんです。
とても魅力を感じました。
自分も幸せになりたいのに、そうなるといけない事のように感じる。
という、意味の分からない状態だった悩みを抱えていた私は映画の間、明るくなりました。
それくらい、面白い映画なので、見てみてください。
そして、中谷美紀は、音楽教師でも、ソープ嬢を演じても、美容師を演じても、やっぱり綺麗でした。

凍えそうな月曜の日没に立ちっぱなしで

育った地域が異なると食生活が異なることをいっしょに暮しだしてからめっちゃ考えることになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻からいきなり聞かれ、スーパーででも買っていたのかなと考えたら、家で作ることが一般的らしい。
缶詰のフルーツと氷をいっしょに入れて、牛乳をさらに加えてミキサーでミックスして完成だ。
家庭でつくったものをごくごくと飲んだのは最初だけれど、とてもおいしかった。
好きだったし、今でははまって、自分でもやっている。

雪の降る日曜の日没に友人と
煙草を吸う事は身体に悪い。
など、指摘されても買ってしまうものらしい。
社会人になりたての頃、顧客として紹介されたIT企業の重役のおじさん。
「この体が丈夫なのはたばことアルコールのおかげです!」なんてはっきり話していた。
ここまで言われると、できない禁煙は無しでもいいのかもしれないと感じる。

サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 あの時知らずに済んだ使命 All rights reserved.
▲ページの先頭へ