あの時知らずに済んだ使命 >

あの時知らずに済んだ使命

人生において、「卵焼き」のポジションってどうなんだろう。関係ないって思うだろうか。「台風」は、あなたにとって何なんだろう。
写真

ぽかぽかした大安の晩に読書を

ネットニュースを見るけど、新聞を読むことも前は好きだった。
今は、0円で閲覧できるネットニュースがたくさんあるから、新聞はお金がかかりもったいなくて購入しなくなった。
けれど、読み慣れていたから、新聞のほうが短時間で多くの内容を手に入れることができていたけれど、ネットのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで見やすいことはある。
一般的なニュースから関連した深いところまで見つけていきやすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目につくけれど、インターネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、アメリカ合衆国の債務不履行になるという話題がとても気になる。
デフォルトになるわけないと思っていても、仮にそうなったら、日本も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

笑顔で叫ぶ妹と気の抜けたコーラ
新入社員の頃、株の取引に好奇心をもって、買いたいとおもったことがあるのだけれども、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードに興味があったのだけれども、しかし、一生懸命稼いだ貯蓄が簡単になくなるのも恐怖で、購入できなかった。
証券会社に口座は開いて、貯金から動かして入れて、ボタン一つだけで買えるように準備したけれど、怖くて購入できなかった。
一生懸命、働いて稼いでためた貯蓄だから、他人から見たら少ないお金でも大きく減ってしまうのは怖い。
しかし一回くらいは買ってみたい。

天気の良い日曜の明け方は昔を懐かしむ

アパレル屋さんって大変・・・など思うのは私だけだろうか。
出勤の度に、徹底的にファッションを選ばないと店のイメージにつながる。
私なんて、外で仕事する時はスーツを着るといいし、メイクだってシンプルでそれでよし。
休みの日も、自分がお気に入りの格好をすればいいし、自宅で働くときはワンピース一枚で問題ない。
このことから、きっと、服を売るなんて商売には、就けない。
服を選んでいると、店員さんがやってきて、ファッションポイントや合わせ方を語ってくれる。
毎回それに緊張してしまい、その場から逃げてしまうのだ。
これも、店員さんって務まらなさそうと思う事の大きな理由の一つだ。

一生懸命叫ぶ兄弟と夕立
辺ぴなところに住んでいたら、ネットショップでものが簡単に買えるようになったのが、大変役立つ。
それは、大型の本屋が市内に2軒しかなくて、品ぞろえもひどいから、購入したい本も買えないからだ。
本屋で取り寄せるよりはネットで買う方が手間がかからない。
その理由は、本屋に行くのに原付で30分以上かかるからとてもめんどくさい。
ネットに手慣れたら、なんでもネットで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが確実に安価だし、型番商品は絶対にネット買いだ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

蒸し暑い休日の早朝に食事を

山梨はフルーツ王国と言われているほどフルーツの栽培が行われている。
日本ではなかなか無い海のない県で南アルプスなどの山々に囲まれている。
それにより、漁業もできなければ、米の栽培もまったく盛んではない。
そこで、現在の山梨県を治めた殿様、柳沢吉が果物の栽培を提案したのだ。
他県よりも優れた名産が経済を潤すと考えたのだろう。
大きな盆地の、水はけの良さと、山国ならではの昼夜の気温の差は甘い果物を生産する。

汗をたらして吠える君と突風
一年の中で、雨の続く梅雨の時期がなぜか好きだ。
空気はじめじめするし、出かければ濡れてしまうけれど。
それは、小さいときに、梅雨に見られるあじさいが美しく、それからこの花を楽しみにしている。
出島で知り合い付き合い始めた、シーボルトと瀧の紫陽花デート秘話をご存じだろうか。
オランダ人に紛れ込んで日本へやってきた、医師のシーボルトが、紫陽花を見て「お瀧さんにそっくりな花だ」と話した。
雨に打たれながらひっそりと咲くアジサイを見ながら何度も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
それが変化して、あじさいは「おたくさ」という別名を呼ばれるようにもなったらしい。

雨が降る月曜の午後に料理を

ベローチェでもロッテリアでもどこに入っても美味しいコーヒーを飲むことができる。
他にも、部屋でインスタントでもいいし、いろんな場所で缶コーヒーでも。
私が気に入っているのがスタバだ。
どこ店でも禁煙と言うのは、煙草の嫌いな私にはポイントが高い。
そのことから、コーヒーの香りをより楽しめる。
値段も張るけど、美味しい豆が使われているのでコーヒー好きにはたまらないだろう。
甘いもの好きには毎回コーヒーと、つられてスイーツなど頼んでしまうという落とし穴もある。

陽の見えない月曜の早朝はカクテルを
人間失格を読み切って、葉ちゃんの考えも共有できるな〜感じた。
彼は人だったら誰しも持ち合わせているポイントを、たくさん抱いている。
そういった部分を、自分自身に隠さないでビールだったり異性だったりで発散させる。
最終章で、飲み屋のママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
そこで、主役の葉ちゃんは器用ではないんだと、まじで悲しくなってしまう。

どしゃ降りの水曜の深夜に座ったままで

旅行でも出張でも、韓国に行く機会が多い。
一番は、港町釜山。
観光ももちろんだが、女性は韓国コスメやネイル用品など興味がある方も多いと思う。
韓国の人見た目へのこだわり、つまり外見を磨くことへの情熱は素晴らしいといわれる。
就職や、お見合いの際に、日本よりも露骨に判断するシーンが多々ある。
そのことから、韓国のスキンケアなど、肌に良い成分が日本の商品より、多く含まれているらしい。
という事で、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが効果は期待してもいいだろう。

雹が降った火曜の日没はゆっくりと
仕事場で身に着けるパンツスーツを買いに行った。
コムサなどフォーマルなお店も良いけれど、109も悪くないと思う。
若々しくてはつらつとした女性向けのショッピングビルで体にフィットするファッションが多い。
価格は店によって違いが出るが、なんとなく安め。
そして、購入する物を探していたが、小さめの物ばかり置かれていた。
着た感じも、ちょっとはお洒落に見える気もする。
良い買い物ができて、めちゃくちゃ満足感があった。

サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 あの時知らずに済んだ使命 All rights reserved.
▲ページの先頭へ