あの時知らずに済んだ使命 >

あの時知らずに済んだ使命

テレビのアンケート等で、「涙」について聞かれたとしたら、君はなんと返答する?「思い」って、人によって感じ方が全然違うかもね。
写真

蒸し暑い日曜の午前に外へ

夏で催し物が非常に多くなり、ここ最近、夜半にも人の行き来、車の通りがとっても多い。
田舎の奥まった場所なので、日ごろは、夜分、人の往来も車の通行もそれほどないが、打ち上げ花火や灯ろう流しなどがされていて、人の通行や車の行き来がとても多い。
ふだんの静かな夜分が妨害されて少々やかましいことが残念だが、常日頃、エネルギーがわずかな地方がエネルギーがでているように見えるのもまあいいのではないか。
近くは、街灯も無く、真っ暗なのだが、人通り、車の通行があって、活気があると陽気に思える。

天気の良い週末の午前は想い出に浸る
いつも行くスーパーマーケットで買い物をしていた。
冷食コーナーで、チャーハンを探していた。
いろいろ探していたら、韓国語で表記されている箱を探し出した。
写真を見ると、トッポギだった。
先月韓国まで行ったときに、何回も韓国まで旅している先輩に勧められたのがトッポギ。
ここ日本で冷凍食品として、韓国のトッポギが買えるなんて、心外だった。

暑い日曜の昼は歩いてみる

家の庭でハンモックに揺られ、気持ちよい風に吹かれるのを楽しむ、休日の午後の事。
空にはゆったりと雲が流れていた。少年は、家の猫が「ギャニャァッ!」と叫ぶ声に仰天して、ハンモックから下に落ちてしまった。
目を凝らして見てみると、うちのネコはヘビと睨み合い、前かがみになり吠えながら威圧していた。
蛇はそう大きくはなく、毒も持っていないっぽかったので、少年はそばに落ちていた棒を振って追い払い、猫を抱っこしてもう一度ハンモックに寝転がった。
少年は、猫の頭を撫ぜてやりつつお腹の上で寝かしつけ、気持ちいい風に身をゆだねた。

喜んで熱弁する家族とよく冷えたビール
本日の体育はポートボールだった。
少年は、ボールを使ったスポーツは苦手だったので、不満げに運動着に着替えていた。
おそらく今日は、運動神経のいいケンイチ君の活躍が目だつはずだ。
今日はおそらく、運動神経バツグンのケンイチ君の活躍が目だつのだろう。
だとしたら、少年が大好きなフーコちゃんは、ケンイチ君のすごい所を見ることになるのだろう。
少年はフーコちゃんをチラチラ見ながら、体育の場へと出かけていった。
でもフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなく、少年のことを何度も見てたことを、少年は気がつかなかった。

どしゃ降りの金曜の夕暮れは冷酒を

知佳子はAさんの事が大好きらしい。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
彼が出張が決まると、知佳子も連れて行ってもらっているし、今回は私も一日目だけ同行させてもらった。
2人は私を同じ呼び方で呼びかけるし、何か意見を求める時は、二人して、私に問いかけてくれる。
なんとなしに目をかけてくれている気がしてきて、かなり雰囲気が良いと思った。

熱中して話す兄さんと公園の噴水
私は、中学から高校までそんなに学習をしていなかった。
クラスメイトが一生懸命に学習していても、自身は指示された事をひたすら行うといった感じだったように思う。
しかし、短大に入学してから私の好奇心をそそる分野の勉強に変わると、知識がするすると入ってくるようになった。
それから、働き始め、見習い期間を経て実際の業務になると、次は好き嫌い関わらず勉強せざるを得なくなった。
楽しくないなんて考える時間もなく、とにかく頭を使う数年が続いた。
こういった期間をしばらく体験すると、今度は学校時代に取り組まなかった勉強をやり直したいと思うようになった。
現在では、同じように言っている人が友人に何人もいる。

熱中して泳ぐ友人と紅葉の山

飲み会などのアルコールのおともに、ぜひ健康に良い物を!と思っている。
最近の酒の友はキュウリ。
その前はまぐろ。
それにも飽きて、最近は、鰻だけれど、お金がかさむのであきらめた。
今日、新しいメニューを発見した。
スーパーで100円しないくらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、ごま油で炒めて、みりんと塩を適量使用し整えたもの。
とても価格は低いし、カロリーも低い気がしませんか。

夢中で叫ぶ友人と俺
まだ行ったこともないロシアに、一度は行ければという夢がある。
英語の勉強に飽きた時、ロシア語をかじってみようかと思ったことがある。
けれども、書店で読んだロシア語の基礎テキストの最初だけで一日で辞めた。
動詞の活用が半端じゃないくらい例外だらけだったのと、会話の巻き舌も多い。
旅行としてズブロッカとビーフストロガノフを目指していけたらいいなと思う。

雨が降る平日の夜明けに想い出に浸る

嫌だったけれど、スポーツくらいちょっとはやらなくてはと最近考える。
仕事内容が変わってから、このところ、走ることがたいそう少なくなり、体脂肪がとても上がった。
あと、年も関係しているかもしれないけれど、横腹にぜい肉がついてきて、めちゃめちゃ見苦しい。
ある程度でも、意識しないとやばい。

自信を持って跳ねる妹と枯れた森
さやかちゃんはルックスはおっとりしているように見えるけれど、活動的な女友達。
愛しの旦那様と、1歳になる賢治くんと、一家で、イタリアンレストランのななめ向かいのマンションに住んでいる。
パートも子育ても手際よく行い、かなり忙しいけれど、時間の有効活用は素晴らしい。
ちょっとでも時間があれば、この日は空いてる?など必ず電話を入れてくれる。
私はよくケーキを持って、さやかちゃんの住まいに向かう。

サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 あの時知らずに済んだ使命 All rights reserved.
▲ページの先頭へ