あの時知らずに済んだ使命 >

あの時知らずに済んだ使命

「たい焼き」のこと嫌いかな?好きかな?それぞれ意見があるかもしれないけど、それほど悪くなんてない気がする、「美容師」は。そう感じない?
写真

どしゃ降りの火曜の夕暮れはカクテルを

この黒の一眼レフは、昨日、波打ち際で拾った物だ。
当日、7月の終わり頃で、中ごろで、いつも通り暑くてたくさん汗をかいた。
プールで、彼女と気まずくなって、しばらく口を利きたくないと告げられた。
立ち直ろうと、マンションからこの海岸まで、歩いてやってきて、波打ち際を散歩していた。
で、少し砂で汚れたこの一眼に出会ったのだ。
拾って、試しに色々な写真を一枚撮ってみた。
この所有者より、良い感じにとれているかもしれないと思った。
彼女の可愛い笑顔撮りたいとか、意外とピント調節って丁度良くならないなーとか一人で考えていた。
落ち着いて、なんとか会うことができたら、彼女に僕が悪かったと謝ろう。
解決したら、この一眼、交番に届けるつもりだ。

一生懸命吠える妹と季節はずれの雪
今日この頃は、海に釣りに出かけていない。
日々、ものすごく多忙で出かけられないのもあるが、しかし、とても暑くてきついので、行きにくいのもある。
加えて、帰り道に近くの堤防を眺めても釣れている雰囲気が全くないから、気持ちが高ぶり出かけたいとは残念ながら思えない。
ものすごく多く釣れていたらすぐにでも行きたくなるだろうな。

雪の降る金曜の午後は微笑んで

手に入れた仕立てるために必要な布で、幼稚園にもう少しで行く子の袋を作成しなくてはいけない。
というか家内が縫うんだけど、しかし、私も嫌いではないので、大変そうだったらかわろうと考えている。
指定のものを入れる何かが幼稚園に通うためには必須のようだ。
ミシンもどうやら配達された。
使った感じも試してみようと考えている。

凍えそうな日曜の深夜に食事を
台湾人のビビアン・スーは、容姿端麗で才能あふれる人だ。
年齢が30代も終わりなんて、見えない。
過去に見ていたテレビで、印象的なのが、彼女が、英語のみのインタビューに返答していたすがた。
まだまだ勉強している所らしかったけど、目を引くくらい努力が見られた。
今では英語も日本語も、じゅうぶんペラペラなんだろうなーと思う。
彼女の素敵さは計り知れないくらい深い。

目を閉じて跳ねる兄さんと失くしたストラップ

一人の人間の大半が水という調査もあるので、水は一つの体の基盤です。
水の摂取を怠ることなく、皆が活発で楽しい季節を過ごしたいですね。
きらめく光の中から蝉の鳴き声が耳に届くこの時期、いつもはそんなに外出しないという方も外に出たくなるかもしれません。
すると、女性だと紫外線対策についてマメな方が多いのではないでしょうか。
夏の肌の手入れは夏が過ぎた時に出るといいますので、どうしても気になってしまう所ですね。
そして、誰もが気にかけているのが水分摂取に関してです。
もちろん、いつも水分の過剰摂取は、良いとは言えないもののこの時期は少し例外かもしれません。
なぜかというと、たくさん汗を出して、知らず知らずのうちに体から水分が出ていくからです。
外に出るときの自分自身のコンディションも影響するかもしれません。
ともすれば、自分で気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
暑い盛りの水分補給は、次の瞬間の体に表れるといっても過言ではないかもしれません。
短時間だけ外へ出るときにも、小さなものでオッケーなので、水筒があれば非常に便利です。
一人の人間の大半が水という調査もあるので、水は一つの体の基盤です。
水の摂取を怠ることなく、皆が活発で楽しい季節を過ごしたいですね。

雨が降る仏滅の夜明けに冷酒を
毎晩、グラスビールを一人で飲むのが習慣になっているけれど、最近はさらに、ワインを飲んでしまう。
もちろん、翌日に接待のような仕事をしないときに限定されるけれど。
実家を出ていた時に、アパートの近くで酒屋を発見して、父の日のために買ったことがある。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円くらいのプレゼント用ワインを探しています」なんて言って。
父にプレゼントした、ワインが1万円ほどしたことをついつい伝えると、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他には何もいう事は、なさそうだった。
それから、特にワインの値段にはこだわらなくなった。
あー美味しいと思える時間を過ごせるなら、金額や質にはこだわらないと決めた。

悲しそうに吠える姉妹と濡れたTシャツ

今朝の新聞に、日本女性の眉に関して、なかなか面白い話が載っていた。
なるほど、と思えば、いきなり色気まで感じてくるので面白い。
一見すると、奇抜すぎるように見えるが、当時は既婚者である女性の証でもあるという。
意味を知ると、いきなり色気まで感じてくるので不思議だ。

雲が多い土曜の夕方に料理を
昔、体調があまり良くない上に、偏食と、眠りの具合が変だったので、吹き出物が多かった。
このままじゃヤダと思い立って、生活習慣を改善することを誓い、体に良い事をやってみようと情報収集をした。
大いに崇拝されていたのが、ニチレイアセロラジュースだ。
いまだにごくごく飲んでいる。
あのレモンよりもビタミンCが豊富に入っているらしい。
健康的な体と美肌はやはりビタミンから出来るのかもしれない。

具合悪そうに歌う先生と壊れた自動販売機

友人の知佳子の彼氏のSさんの物産会社で、定期的に紀州産の梅を使用した梅干しを買っている。
飲むと電話をかけてくれるSさんが可愛がっている部下でアルEくんという働き者は、ほとんど話がかみ合ったことがない。
ノンアルの時の彼は、非常に照れ屋らしくそういっぱい返答してくれない。
だから、一回もE君とはじゅうぶんに話をしたことがない。

雲が多い祝日の夜明けは読書を
観覧するために非常に長く長く距離を歩く動物園は、7月は大変暑すぎてきつい。
知人夫婦とお子さんと私の家族と連れだって観覧しに出向いたが、めちゃめちゃ暑すぎて厳しかった。
めちゃめちゃ暑いので、シロクマもトラも他の動物もろくに行動していないしし、奥の日陰に潜んでいたりで、あまり見えなかった。
この次は、ひんやりとした水族館などが蒸し暑い夏はいいだろう。
娘が幼稚園の年長くらいになったら夜間の動物園や水族館も楽しそうだ。

サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 あの時知らずに済んだ使命 All rights reserved.
▲ページの先頭へ